同盟戦争(PVP)/街

戦略上の街の機能は以下の2つ

  • 倒れたプレイヤーの復活ポイント
  • 攻城兵器等の補給商人

街が戦闘状態になった場合、復活ポイントとしての機能は停止する。
戦闘状態になる条件は、三つある旗のどれかが取られる事。

また、それとは別に以下の機能がある

  • 同盟ポイントを利用してセットアイテムをランダムで購入できる商人
  • デイリークエストを受注できるNPC

攻めの基本

基本は早めに戦闘状態にすること。マップに戦闘状態が表示されなくても、近くにいるプレイヤーからは、画面上部のコンパスに旗ごとの戦闘状態が表示されるので、街を攻める事は砦などよりも察知されやすい事を頭に入れておく必要がある。

守りの基本

特に利用できる施設などは無いので、単純なぶつかり合いになる。相手が少人数で、自分だけでは勝てない場合、相手がいない旗を占領することで時間稼ぎをすることはできる。

街の攻略

人数がいれば、適当にやっても簡単に制圧できるだろう。NPCの数は資源より多いが、広い範囲にバラけているので、戦闘は楽になる。

ここでは、一人で街を制圧する手順を解説する。
街には、3種類の旗がある。
中央、商人、飛び地の3つで、先に挙げた物ほど周囲の兵士が多い。

気をつけるべきは一人でやる場合、旗を3本制圧するために時間がかかること。
倒した兵士がリスポンするくらいには時間がかかるため、最初に飛び地の旗を占領するようにしないと、最初に倒した兵士がリスポンし、旗を自動で取り返されてしまう。
戦力自体は資源より少ないため、資源を取れるだけの実力があれば苦労はしないだろう。

街紹介

  • ダガーフォール・カバナント
     ブルーマ
      唯一、商人の旗を戦闘なしで制圧できる街。そして唯一、ダークアンカーが落ちてくる街。さらに唯一、街の中に兵士以外の敵が徘徊する街。ついでに、唯一、占領していなくてもデイリーNPCとの会話が邪魔されない。この街だけの要素が多すぎる感がある。
  • エボンハート・パクト
     クロップスフォード
      高低差がある段々畑のある街。街中央が開けているため見通しが良く、戦闘が起こると逃げ隠れしにくい。
  • アルドメリ・ドミニオン
     ヴラスタルス
      比較的小さな障害物が多数配置され、射線を切りやすい乱戦向けの構造な街。

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!